Running and Thinking 松本唯人ブログ

12歳から一人旅を始め、日本全国・海外20数カ国を旅した松本唯人(23)のブログ。台湾自転車旅やイスラエル、キューバ旅など、旅先での情報や日本人留学生のインタビュー記事を不定期で更新しています。近況はinstagram(@yuito.mtmt)で更新中。普段は株式会社TABI LABOでライターとして働いています。

中東・中米旅2018

【中東・中米旅2018】キューバ/旅行者向け編 『ホセマルティ空港からの移動手段』

【中東・中米旅2018】キューバ/旅行者向け編『ホセマルティ空港からの移動手段』 旅先で初日に頭を悩ませるのが、空港からの移動手段。宿泊先まで行くのに一番便利なのはタクシーだけど、相場がわからずにボラれるのだけは避けたいですよね。キューバは、こ…

【中東・中米旅2018】キューバ/旅行者向け編 『インターネット環境』

キューバでも、インターネットは使うことができます。でも、いつもとは使い勝手が違います。 まず、インターネットの利用は全て「有料」です。公園や広場などのWi-Fiスポットに設置されている「ETECSA」という売店で、1時間有効のユーザー番号とパスワードが…

【中東・中米旅2018】キューバ/旅行者向け編 『通貨』

キューバでは「キャッシュ(現金)」がないと、旅行ができません。200円でおなかいっぱい食べることのできる食堂や、約2円で両手からはみでる大きさのコッペパンを買うことのできるパン屋などのローカルな場所だけでなく、比較的に単価の高い宿やお土産ショッ…

【中東・中米旅2018】イスラエル編6『ヘブライ大学』

数日前にエルサレム旧市街を案内してくれた、ヘブライ大学に通う光永(ミツナガ)さんの案内のもと、新市街からバスで10分ほどの高台にあるヘブライ大学のキャンパスを訪れた。セキュリティチェックを通ってキャンパス内へ入ると、玄関に大きな絵が飾られて…

【中東・中米旅2018】イスラエル編5『パレスチナ自治区ベツレヘム#2』

女子学生たちの会話は、止まらない。おしゃべりのふしぶしで、ヒソヒソ話がはじまったり、スマホを手に取り“自撮り”に夢中になっている。かれこれ1時間、放課後のガールズトークはノンストップで続けられている。 日本やイスラエル、そしてパレスチナ自治区…

【中東・中米旅2018】イスラエル/旅行者向け編『イスラエルの観光ビザ』

意外と行きやすい国なんです、イスラエル。海外へ旅行に行くとき、事前準備で一番面倒なもののひとつが「観光ビザ」の申請です。これはパスポートの他に、その国へ滞在するための証明書のようなもの。EUや中国などの国は、ビザが無くても滞在可能ですが(一…

【中東・中米旅2018】イスラエル編4 『パレスチナ自治区ベツレヘム#1』

毎年、宮城県女川町で詩人・高村光太郎の朗読会が開催されている。去年の夏、就職活動に行き詰っていたぼくは「詩でも朗読してみよう」と思って東北へ足を運んだ。朗読する詩を決める必要があったので、新宿の紀伊国屋書店で高村光太郎を探していた。結局、…

【中東・中米旅2018】イスラエル/旅行者向け編『ぼくが泊っているドミトリーホステル』

イスラエルの宿泊は、ぜんぶ「Abraham HOSTELS」のドミトリールーム(10名)を利用しています。ここは、「宿代は低く抑えて旅行したい」という人におすすめ。1泊3000円前後(シーズンによって異なる)と、イスラエルの物価としては安めの価格。ホテル予約サ…

【中東・中米旅2018】イスラエル/旅行者向け編『インターネット環境』

イスラエルでは、大学やカフェ、ホステルなど様々な施設でフリーWi-Fiを利用しています。もし、インターネットの利用頻度が定期的な連絡のチェック程度であれば、ポケットWi-Fiなどを借りなくても十分なネット環境だと思います。ただ、どうしても常にネット…

【中東・中米旅2018】イスラエル編3 『エルサレム』

バスの中で目を覚ますと、あえて“着くずした”かのような街並みが広がっていた。それは大都市の建物群のように、洗練されて常に新しい状態を保っているものではなかった。だけど、その朽ち果てそうな風体こそが、ぼくに街の歴史と魅力を感じさせていた。ぼく…

【中東・中米旅2018】イスラエル/旅行者向け編 『ユダヤ教の民族衣装「キッパ」』

エルサレムの旧市街を観光していると、いくつかの施設で「小さな帽子」を頭部にのせなければいけない場面がありました。これは「キッパ」とよばれる、ユダヤ教の民族衣装です。「嘆きの壁」をはじめとするユダヤ教の施設(神聖な場所)では、異教徒(旅行者)で…

【中東・中米旅2018】イスラエル編2『東地中海』

旅先では、できるだけ疲れたくない。ぼくは、このたいへんワガママな希望をもって、いつも旅に出かけている。今のところその希望を叶える方法は、旅先でも「いつもどおり過ごす」ということだと思っている。イスラエル2日目の朝も、いつものようにランニング…

【中東・中米旅2018】イスラエル編1 『入国』

アジア人が、めずらしいのだろうか。テルアビブに到着し、ベン・グリオン国際空港の入国審査に並んでいると、ユダヤ教の民族衣装である小さな帽子「キッパ」を頭に乗せた人たちにチラチラと見られた(とくに子どもたちにはジロジロと見られた)。この「見られ…

【中東・中米旅2018】番外編1 『チェ・ゲバラのTシャツと聖書』

物心がついたころには、イスラエルとキューバが「身近」にあった気がする。ぼくは、中学1年生のころにはじめて聖書を手にした。それはとても外発的な理由で、たんにカトリック系の私立中学校に入学したからである。結局、その聖書をほとんど開くことなく中高…